やな二郎

アニメ、マンガ、ゲームについて駄文をつらつらと書くだけ。主にニセコイ関係が主軸になるかと思います。

ダンガンロンパV3の簡単な感想

どーもどーも

さて今回はダンガンロンパV3の感想を書いていきます

とはいえなるべくネタバレしないようにしていきたいと思います。

まず全体を通しての感想は

すげえってかんじです

いい意味で

ダンガンロンパにおいて大切なキャラクターや話の一話一話の重さ、話の中から垣間見える

キャラクターの心情、物語のメッセージ、事件のトリックなどなど、素晴らしい以外の言葉が思いつかんのですよ(マジで)

最後のオチは賛否両論が出る内容であれど考えさせられるものがありましたし、しっかりとスタッフがこの物語を通して伝えたいこと、キャラに対する愛情が込められていると思います。

企画、シナリオ担当の小高さんがこの作品を集大成にするといっていましたがマジでホントこれ集大成だ、と個人的に感じました。

黒幕は本当に意外な人物でした。私が密かにいいな〜と思っていた人物だった・・・

まぁ少しショックでした。

一番衝撃的だったチャプターは6章ももちろんそうなのですが1章がやっぱりナンバーワンでした。

犯人お前かよ!!ちくしょおおおおおぉお!

ハイ、こんな感じでしたまる

絶望しました。ええしましたとも。しばらく呆然としてました。

そういえば発売直前に公式が「今回の一章はちょっとアレ」っていってたの思い出しました。

でもその人が託した想いは主人公の中にずっと生き続けていたと思うのでやっぱり重要人物だったんだなぁ、大きな存在だったんだなぁというものを感じました。(これネタバレじゃないですよね汗)

そして肝心のゲーム性について

ぶっちゃけ1、2より面白い。

個人的には議論スクラムが大好きです。

反論ショーダウンもレベルアップしてました。

ブレインドライブもアナグラムも悪くない。

ただ理論武装、これがイマイチだったかなぁと。音ゲーしてくれ・・・タイミングがとれんw

どの章でも必ず理論武装でつまづいてました。

理論武装で無印のMTBのネガティブタイムにあたる時間(なんていうか忘れた)になるとまっっっったくタイミングわかんなくなってしまうんですよね。

個人的にはコトダマ記憶が無くなったのが残念でした。偽証システムがかわりに出てきたのでしょうがないところはあるのですが。

でもゲーム性は個人的に全体的に文句なし、という評価です。

ああそれとそれと、

おまけむっさオモロイです。

1 2reloadよりやり込み要素増えてます。全部やり切れる気がしませんww

てかおまけモードはマジで癒し。これを正史にしてほしいくらいです。(ダメなんだろうけど)

以上で、ダンガンロンパV3の簡単な感想は終わりにさせていただきます。

思えば高1の時にふと無印を手に取ってから、一章でメンタル折られて2ヶ月くらい投げていた時期があったものの最後にはしっかりと伝えられる強いメッセージ、魅力的なキャラクター

に魅力を感じ、ここまでダンガンロンパという作品を追ってきたのですが、やはり始終よかった、ダンガンロンパらしかった、という感じでした。

ありがとうございました。